合鍵が合わない。ネット注文・携帯スマホで写メから作るスペアキー通販

合鍵が合わない理由

合鍵が合わないのはなぜか?

 

合鍵を作ったけど合わない。

 

このような例が多くあります。

 

 

シンプルなキーは合鍵も作りやすく価格も安い。

 

そして作り方も大ざっぱで簡単なものです。

 

 

その方法は、元のカギの形を真似て合鍵を作る方法であるということ。

 

 

そうです、元の鍵の形をまねて、複製コピーのスペアキーを作るわけです。

 

 

ホームセンターやショッピングモールなどで、その場で作れる合鍵がそうです。

 

鍵を複製する機械(グラインダー)を使い、短時間で大ざっぱな合鍵を作ってくれます。

 

合鍵

 

鍵を真似て作る機械のグラインダーは、お店や時代によって違いがありますが、元の鍵を真似るという点では同じものです。

 

真似てるだけですので、元の鍵とは微妙に違いが生じます。

 

この違いが、合鍵が合わない原因になります。

 

 

鍵穴に合わず、引っかかったりしてなかなか開かない鍵ができたり、まったく使い物にならないものができあがる可能性があるわけです。

 

 

運よく複製できたとしても、その鍵をまた複製すると、どんどん鍵の形に違いが生じて合わない合鍵ができてしまうわけです。

 

合う合鍵の作り方

 

マスターキーを真似て合鍵を作るのではなく
新しいマスターキーをもう一本作る方法です。

 

合鍵作成の専門店

 

合鍵が合わないということは無くなります。